菅井敏之とは

ライフプランニング協会TOP> 菅井敏之とは

「マネーの専門家」が理事を務めています。

ライフプランを日本人のスタンダードにしていく

目まぐるしく変化と進化を繰り返していく現代社会において私達の生活も凄まじいスピードで変わっています。
10年前には日本にはスマホは無く、さらに10年前には携帯メールも存在しませんでした。
景気面においてもバブル崩壊、ITバブル、リーマンショック、アベノミクス、東京オリンピック景気と目まぐるしく上下を繰り返しています。

そのような変化の荒波を乗り越えて人生という船旅を順風満帆に航海していくためには天候を読み航路の決定、変更を行う航海士の存在は必須であると私は考えます。
大手銀行の支店長時代に多くの方々かお金や人生の相談を受ける中で私は「今の日本人には人生相談できる相手が少なすぎる」と確信した日を今も忘れられません。

その後銀行を退職しまずは人々の手本となるべく銀行時代に得た投資、金融の技術を糧に自身のライフプランを完成し、そのノウハウを多くの人に伝えるため出版し45万部をお届けする事が出来ました。
そして、さらに多くの人に最適なライフプランを届ける為に一般社団法人ライフプランニング協会を設立いたしました。

ここでは、金融や投資などのお金にまつわる人生相談だけでなく就職、転職、キャリアアップ(能力向上)婚活(結婚)、出産、育児(保育)、住居、保険、介護(老後)といった多岐に渡るご相談を受けられるライフプランナーを育成、紹介する体制を整え「ライフプランを日本人のスタンダードにしていく」というコミットの元強く明るい人生設計のお手伝いをしていきます。

菅井敏之すがい としゆき

1960年山形生まれ。1983年、学習院大学卒業後、三井銀行(現・三井住友
銀行)に入行。個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年には金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。48才のときに銀行を退職。

資産形成のための銀行の活用法や住宅、保険の選択方法には定評があり、講演やセミナーでも全国で一躍人気講師になった。著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)は40万部を突破し2015年オリコンランキングビジネス書部門第1位を獲得。