ライフプランニング協会TOP> 仕事> 不安を解決!30代の転職で知っておきたいポイントをご紹介

October 3, 2019

不安を解決!30代の転職で知っておきたいポイントをご紹介

仕事

30代になると仕事のスキルにも自信がつき、だんだんと転職を考えやすいタイミングが訪れます。私生活では変化が多い年齢になるため、今後のライフプランについて考えなおしてみる方もいるかもしれません。また、入社当初よりも昇給や昇格など会社に対して疑問や不安を抱き転職を意識しはじめる方も多くいらっしゃいます。さらなるスキルアップも期待できる30代での転職は、採用する企業側も積極的に募集していることが多いです。そこで今回は「30代の転職でおさえてておくべきポイント」を解説します。退職、転職をするという事は人生の大きな決断です。ポイントをおさえて転職を成功させましょう。

 

1.30代は転職を意識する年代

結婚や出産など生活スタイルが変化し始める30代。仕事スキルもある程度身につき、新しい会社に転職をしてみようと考える方は多くいらっしゃいます。どのような理由が転職を考えるきっかけになっているのでしょうか。まずは、30代の転職理由を見てみましょう。

1-1.将来性への不安

安定した収入や雇用など会社の将来性はご自身の将来にも関わります。将来性に不安を抱き転職を選択する方も多く、特に30代は生活の変化について考えることが増え会社の将来性について向き合う機会も多くなるので、転職を決める理由の一つとなるようです。

1-2.給与への不満

「仕事のスキルが上がっているのに給与が上がらない」「貯金できるほどの給与がもらえない」など、入社当時は気にならなかった「給与」に対して不安を覚えるのは30代に多い特徴として挙げられます。生活面でも結婚や出産等で家族が増え、必要な資金が変化してくる年代であるため、給与に対しての不満は多いようです。

1-3.労働環境への不満

人手不足による残業時間の増加や社内の人間関係など、働く上で重要な労働環境への不満が転職を意識する引き金になっているケースは多いです。また、仕事が評価されないなどのスキル面も30代では重要なポイント。労働環境を自力で改善することが難しいため転職をせざるを得なかったという意見もあります。

1-4.生活の変化

30代になると、結婚や出産などのライフイベントにより生活が変化することもあります。他県に引っ越すために転職を決めたり、家庭と両立をさせるために転職をしたりと、やむを得ず転職を決める方もいるかと思います。生活に合わせて転職を選択することも30代の転職理由として多くあげられています。

     

2.何を求めて転職しますか?

転職活動をスタートする前に、転職目的ついて考えておくことが大切です。学生時代の就職活動とは違い、転職活動に期限はありません。いつまでに何を準備するのか自分自身で考えておく必要があります。あいまいな理由や、なんとなくでズルズルと活動をすると転職先でも明確な目標が見つからず再び転職活動をするなど、短期間で転職を繰り返す「転職グセ」がついてしまいます。なぜ転職を希望するのか今一度考えてみましょう。

2-1.本当に転職が必要な理由があるか

先程ご紹介した通り、転職の理由はさまざまですが必ずしも転職が解決策であるとは限りません。部署内や業務内容に問題があった場合には、異動により解決するケースもあります。一度自分の仕事を見直して転職をせずに解決はできないか見直しをしてみましょう。

2-2.譲ることのできないものはなにか

転職をする上で大切なのは「転職の目的に、優先順位をつける」事です。あれもこれもと条件を付けていると活動期間が伸びてしまったり、途中で転職目的を忘れて望んでいなかった転職先に就いてしまうことも考えられます。企業とのミスマッチを防ぐためにも優先順位を付け、譲る事のできないものを明確にしておきましょう。転職理由で多く挙げられているリストがありますので、順位を付けてみるなどして自分自身に当てはめて考えてみてください。

2-3.転職がむかない人もいる

「新しいことがしたい!」という気持ちよりも、スキルなど実務的な面を企業から求められる事が多くなる30代での転職。一人ひとり様々な理由がありますが中には転職活動が向かない理由もあります。ただ現状に不満があるというだけでは、失敗をしてしまう可能性もあります。そこで、転職に向いてない人の転職理由をまとめております。理由と合わせて改善策もまとめましたので、ご参考ください。

転職についてより具体的な考えを持っている人や、前向きな転職理由を持っている人は転職に向いているでしょう。また、転職先でもこれまでのスキルを存分に活かしたいと考えている人は、採用がスムーズに進むでしょう。現在の会社に何らかの不満や不安があると思いますが、面接の際には前向きな捉え方を言葉で伝えられるように対策しておくことが必要不可欠です。

 

3.30代の転職に必要なものは?

20代の転職では今後の成長力が期待されるため「やる気」や「ポテンシャル」が求められれていますが、30代の転職には成長力よりも「即戦力となるか」が期待されているポイントです。ここでは30代の転職で必要となる2つのポイントをご紹介します。転職活動前にアピールポイントをおさえておきましょう。

3-1.資格よりも何ができるか

所有している資格をアピールとして臨む人は多くいますが、資格が必ず転職に有利になるとは限りません。努力をして取得した資格だとしても、転職先で活かすことが出来なければ意味がありません。取得までの取り組みに対しては評価されますが、求められているのは「実務経験」や「スキル」にあるという事を覚えておきましょう。まずは、企業はどのようなスキルを求めているのか調べ、知ることが大切です。

3-2.マネジメント経験と即戦力

企業側も、30代の採用となるとチームリーダーやリーダー候補としての人材を求めてきます。マネジメント経験がある人材(部署内やチームでまとめる立場を経験した人材)は企業にとっても魅力的で積極的に募集している人材です。マネジメント経験がない場合、実力がないと判断されがちになるので、経験がない方はマネジメント経験を補うような強みがあったか探してみてください。また、面接時には今後も積極的にキャリアアップしていく姿勢をアピールしましょう!

4.30代で転職するメリットとデメリット

30代の転職は、新しいチャンスが多いくメリットになる事は間違えありませんが、未経験の分野への挑戦がしにくいことや後半になると採用枠が少なく転職期間が伸びるなどデメリットもあります。メリットとデメリットを考慮した上で自身の転職する目的を再確認してみましょう。

4-1.メリット

【培ってきたマネジメント経験や戦力性を活かすことが出来る】

30代の転職は、ゼロからのスタートではなくそれまでのスキルがそのまま活かされます。

思い描くキャリアアップを実現でき、ノウハウを使い新たな可能性も見つけることができると思います。これにより、年収アップにも見込めるでしょう。

4-2.デメリット

【未経験の分野への挑戦は難しい】

20代の転職は未経験の場合でもその後の育成に力を入れる企業が多くあります。30代の採用では「即戦力として会社に入って欲しい」という枠が多いので、これまでの経験を用いた採用になることがほとんどです。他の業界や職種に転職を考えた場合には、20代よりもハードルが上がるので、志望動機など質問の準備をしっかりしておく必要があります。

4-3.メリットとデメリットで図れないものもある

転職にはメリット、デメリットがありますが、第一に考えるのはご自身の事。どうしても我慢できなかったことなどが続いたり、体調が優れないなどの問題がある場合には迷わず転職を選択しましょう。

 

5.成功するための5つのポイント

転職活動のゴールは人それぞれ。活動に使う時間やエネルギーも個人によって大きく違うものです。ですが、自分に合った転職先を選びたい事は変わりありません。転職活動を成功させるために、ここからは30代の転職で成功するための5つのポイントを紹介します。初めての転職活動で悩まれている方もこのポイントをおさえればスムーズな転職活動をスタートさせることができると思います。

5-1.徹底的に自己分析をする

30代での転職の場合、具体的な役職や人物像での求人が多いです。即戦力を求められる30代は「やる気」というアピールではなく、自分がどのくらい即戦力になるか、言葉にしてアピールできるようにしておくことが重要です。また、転職先でどのようにキャリアを積んでいきたいか具体的に組み立てておくことで企業とのミスマッチを防ぎ、あなたに合った転職先を見つけることができます。

5-2.全体と部署それぞれの雰囲気を知る

仕事内容や給与以外にも、職場の雰囲気を重要視している人は多いでしょう。就きたい仕事であっても社内の雰囲気が合わないと長く働くことは難しいかと思います。入社前には必ず会社全体、部署の雰囲気を知っておきましょう。

【雰囲気を見極める方法~社外から~】

①職場口コミサイト

口コミサイトには在職している社員や元社員からの情報や評価が登録されています。情報の中には意図的にマイナスに書かれているものもあるので、転職希望先の会社は参考程度に調べておきましょう。

②就活エージェントの活用

会社の雰囲気を知るために就活エージェントを活用するのもおすすめです。実際に企業から話を聞いているスタッフは必要な情報を教えてくれます。ぜひ活用してみてください。

【雰囲気を見極める方法~面接時~】

①社員の年齢層

面接時にも雰囲気を見極めるポイントが存在します。

社員の年齢層は、若手以外にも40代50代と高い年齢層でも働いていると長く働ける環境にあるということなので、面接時には他の社員にも目を向けてみましょう。

②挨拶と会話

会社を訪れた際に面接者に対しても笑顔で明るく挨拶をする会社は、普段も挨拶をしている事がわかります。また、社員同士で会話をしているかも雰囲気を見極めるポイントです。廊下ですれ違う社員が気さくに話していれば、業務であっても質問がしやすい環境にある事が多いです。

 

5-3.条件に優先順位をつけ、妥協点も考えておく

「転職の目的に、優先順位をつける」ということはお伝えしましたが、条件にこだわりすぎてしまうとマッチする企業が見つけにくくなり活動が行き詰ってしまいます。

転職をする上で、妥協しやすい条件も見つけておくと活動がスムーズにすすむので考えてみてください。

5-4.転職エージェントを利用する

転職活動には「転職エージェント」を活用しましょう!転職エージェントをうまく活用すると、転職先の選択肢を明確に知ることができるので転職成功の確率が上がります。サポートの具体的な内容をまとめてみました。

転職エージェントを利用するとさまざまなサポートを受け、利用することが可能です。自分のアピールポイント元に的確なコーチングをしてくれるので、就活エージェントは転職活動に不可欠です。また、登録は1つではなく複数併用して登録することでさらに手厚いサポートが受けられるので1つ以上登録することをおすすめします。

 

5-5.今の仕事を続けながら転職活動をする。

転職活動は仕事を続けながら行いましょう。退職後のスタートとなると、月々の収入が無くなることが多く、貯金を切り崩しながらの生活になります。また、転職活動中に使用する金額の平均は約54万円です。ほとんどが生活費や家賃などに使われます。金銭的余裕がなくなると、精神的にも追い詰められてしまいます。焦って転職先を決めてしまうと、本来希望していた転職の条件から外れ何のために転職をしたのか分からなくなってします。仕事を続けながら余裕のある活動時間を確保することをお勧めします。

 

6.転職活動中に迷ったら、なぜ転職したいと思ったのかを思い出す

初めての転職活動で活動期間が思っていたより伸びてしまったりすると、はっきりしていた転職目的も次第に曖昧になってしまうことがあります。「話を聞いていると魅力的に思えてきた」「意外な条件を提示されて」など誘惑される事が増え、気が付くと本来の転職目的とはかけ離れた企業に入社していたなんて事になっては大変です。活動前に目的を見失わないように具体的にさせておくことも大切ですが、少しでも活動に迷いを感じたらなぜ転職をしたかったのか思い出してみましょう。

毎週火曜配信中

ブログ未公開のマル秘資産形成術をメールマガジンで配信しています!

  • この記事をシェアする